はたごは今…

坊や自分の風邪と戦っている間に3月になっていました。お久方ぶりの女将です。

年明けの頃には、世の中にこんな混沌が訪れるとはつゆにも思いませんでした。

COVID-19(新型コロナウイルス)というワードを明記することをツイッターでも避けていましたが、今回は正面から向き合って思うことをできるだけリアルに書いてみようと決めました。

 

キャンセルって具体的にどうなの

 

観光、飲食、レジャー、イベント…報道やSNSでもよく見かけるように、現在いづこも大変な状況です。

2月の連休あたりから話題に上がっていましたが、2月いっぱいは世間も様子見の風潮が強く、ご予約は暖冬もあいまってか、例年よりむしろ賑やかなくらいでした。

 

急加速したのは、公共主催のイベントの自粛が出始めたころ、そしてとどめは全国一斉休校の要請がでたあたりです。

いつもは雛飾りを中心とした春の雅な室礼を楽しみに女性グループの会で賑わう3月ですが、こちらが相次いでキャンセルになってしまったことは致し方のないことではありますが、少々落ち込みました。

皆様、早めにご判断くださったので、食材ロス等はなく、キャンセル料もいただくことは致しませんでした。

 

ご宿泊に関して、普段、お客様のご予約時にわざわざ滞在理由をお尋ねすることはありませんが、この度、キャンセルのご連絡をいただいた時、お出かけの目的にこんなに幅があるものだということを知りました。

会議、大会、スポーツ応援、観劇、同窓会等…観光だけでなく、様々なものと自分たちの仕事がつながっていることを実感したのです。

そもそもの用事がなくなってしまったのに、無理におでかけをおすすめできないのも道理です。

仕方がない、仕方がないのだけれども…いつまで続くのか、先が見えないのはなんとも心細いですよね…

 

そうはいっても

 

キャンセルだけというわけではありません。

通常に比べたら、ペースは大変ゆっくりとはいえ、春のご新規予約も少しずつ入ってきますし、今の時期でも、半ばあきらめていた土曜日の空室に当日のお申し込みがきたり、迷ったけれども、皆で話してやはり行くことにしましたとお言葉をいただいたり。

 

本当に、本当に心から嬉しく思います。そして励まされます!

 

キャンセルなさるお客様も、実に申し訳なさそうにご連絡くださり、また落ち着いたら改めて、と仰ってくださるので、お心遣いに感謝しきりです。

 

「こんな時にようこそおでかけくださいました」

 

きっと、今、どちらへ行かれても、お迎えする人はみな同じ感謝の気持ちでいっぱいのはずです。

正直、お出かけしていただけたらうれしい気持ちはありますが、こればかりは心の問題…お客様が心配や不安事がいっぱいで、出かけても楽しめないという場合にはとてもではありませんがおすすめできません。

一日も早い収束を願うばかりです。

 

ここで改めてはたご小田温泉とはどういうところなのかをお伝えします

 

当はたごは全部で6室。各お部屋の定員いっぱい入っていただいて、およそ25名様、それぞれ2名様ずつなら満室でも12名様という小宿です。ちなみに今の平日はパーソナルスペースが広くてとてもいい感じです。

 

そしてお食事の際には、隣接する料亭「茶寮 清泉亭」のお部屋へ渡り廊下を伝ってお出かけいただきます。

満室時や、日帰りの夜席がある場合は2組でお部屋を軽く仕切ってお使いいただくこともありますが、多くの平日は個室でゆっくりご夕食をおあがりいただけます。(おひとり様は小上がり席になります)

 

茶寮清泉亭 出雲の間

 

廊下のヒノキの床は毎日水拭きをしていますので、安心して裸足でお過ごしになれるはず。(寒い時期は靴下足袋をご用意)

裸足で木の床を歩く解放感といったら、もうプライスレスです。ぜひお試しください。

おひとり様のご宿泊も、小さなお子様連れのご家族も、ご高齢のご両親とご一緒も大歓迎のぬくもりの宿。

田舎のおばあちゃんちに来たみたいとご感想をいただくこともしばしば。誉れでございます!

 

木やイグサ畳のにおい、自然の音、季節の花々を愛でながら、地の食材を中心とした体が喜ぶできたて料理をお一品ずつ楽しんでいただくのがはたご小田温泉式。

温泉は、大正時代から小田川に湧き続けている自家源泉

 

先だってトラベルジャーナリストの石井宏子さんにも「いいお湯です」とお墨付きをいただきました。

やわらかで芯からしっかりぬくもる…実はこのお湯が好きで、と長らくのご贔屓様も多いのです。

一部の方には開運宿としてもお喜び頂いておりますし、大女将のタロット占いを目的になさる方も増えました。

ひと足踏み入れると「不思議と落ち着く」リフレッシュ、リラックスにはもってこい!

あとはおじゃまでなければ、女将のトークもおまけしちゃいます♪いらない時はミュートでと言ってください(笑)

天女の舞う 飛天の湯

 

ふぅむ…気になるけど、今は出かけられないなあ…そんな時は

 

ちりめんじゃこの不漁と女将の子育てフィーバーで長らくお休みしていた「はたごちりめん山椒」の販売会(通信販売)を思い切って近々に決行することにいたしました。

「おいしい」には、人の心を元気にするパワーがつまっているはず!

おうちで料亭の味をどうぞお楽しみください。白いご飯に魔法がかかります!食卓やおつまみにもう一品。

全国のお母さん方もフル稼働でございましょう。完全無添加、おいしくて安心のちりめんおむすび最高ですよ♪

 

こちらの日時・販売手順等詳細はまたツイッターでお知らせいたします。

ツイッターやってないからわからんよ、とおっしゃる方は、当館の公式ホームページから女将のツイートをご覧になれます。

しょうもないこともいろいろ呟いていますが、よろしければ、そちらからチェック!!

長くなってしまいましたので、はたごちりめん山椒の魅力は次回に♪

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

 

 

前の記事

一畑薬師まいり