【夜の緑をたのしむ】新たにライトアップされた小田温泉の庭

こんにちは、小田温泉・4代目石飛硯一郎でございます。

小田温泉の庭の魅力を、より楽しんで頂けたらと考えライトアップしました。

昼間と異なる夜の庭でいろいろな発見が待っているとことと思います。

 

野趣あふれる庭

お客様からお声をいただいたことがありました。

「もっと庭の手入れをして、日本庭園らしくすればよいのに・・・」

もちろんです。そう思っておりました。

かつてわたくしが草取りをしていると、3代目曰く

「草を全部取るな!そのままでよい!」と叱られました。なんでだろう??

造園の知識や技術も持たないわたくしは、反論することもなく多少疑問を抱きながらも教えの通り庭のお世話をしていました。

 

少しばかり経験重ね、「なんで草をきちんととってきれいに手入れしないのでしょうか」と尋ねると、

「自然のまま。あるがまま。それが一番。山々のように、森のように、この敷地、自然豊かな環境にしたいのだ!」

その心が「野趣あふれる庭」でした。

 

手入れをしてるようでしていない。かといって全くほったらかしにしているわけでもない。ほど良い塩梅。

そんな庭造りを心掛けているとのことでした。

 

庭の照明

その庭を、自然のまま。そうです。太陽の光ある日中は自然光。夜は、月明かり。

ありのままの自然の状態で、楽しんでいただくことが良いなるのですが。

私どもとしては、やはり夜もせっかくなので楽しんでいただきたいと考えがまとまりました。

明るくなった庭

そしてライトアップされた庭がこれ。

わかりにくいですよね。写真の技術が未熟で夜の撮影がうまくできません。申し訳ありません。

しかしながら、野趣にこだわっていた庭が美しく照らされ、安全に歩いて散策していただけるようになりました。

こだわったのは 月あかりにように。

照明のプロや、庭師さんにもご相談してどんな照明が素敵か悩みました。

それは、

「明るすぎず暗すぎず。月明かりのようにできればいいですね。」

というものでした。だた照明を天から照らすには技術的にも、見栄えも難しいので大地より間接照明で

照らすことしました。

 

木の幹、枝ぶりの美しさ、緑の色の深さ、植物に躍動感などなど。

自然の奥深さを楽しんでいただければ幸いです。

最後にプロが撮影したベストショットを一枚。

今日もありがとうございました。

 

はたご小田温泉 石飛拝