ニュースレター はたご通信47号

最新版 はたご通信47号

はたご小田温泉の様々な様子を、女将をはじめそれぞれが記事にしてお伝えしているニュースレター

「はたご通信 47号」が出来上がりました。

女将の ふわっと日記

立冬を過ぎて、突然驚くような冷え込みがやってまいりました。

今年の出雲の神迎えは十一月六日。令和最初の神在月は、全体に穏やかなお天気となり、

荒れるのが当たり前といわれる神在には珍しいことと思っていましたら、神様方がお帰りになったとたん、12月上旬並みの寒さとなり

ました。

 

出雲特有の神在月とは、毎年旧暦の10月10日の夜に神迎で神様をお迎えしてから神等去出(からさで)でお送りするまでの七日間をい

います。(御社によって例外有)御神事は陰暦で日取りをみる為、毎年日にちが動きますが、決まって一週間前あたりから強い風が吹き始め、お帰りの頃にも大風が吹きます。神様は嵐や大風に乗ってご移動なさるといわれ、この大風にはお忌み荒れと名前がつくほど。

 

秋と冬の境目に雲間から差し込む日の光と大風で、出雲に暮らす我々は神在の神秘を体感いたします。神々の存在を殊更身近に感じるこの季節。一年に一度、神様が、間近でご覧になっておいでだという気がして、諸々の日常の振る舞いを意識的にみなおす良い機会でもあります。ピリッと引き締まるような冷たい朝の空気に、心地よい緊張感を感じる秋の終わりでございます。

はたご小田温泉女将