若旦那の出雲大社観光案内

出雲大社へは・・・
出雲市駅より一畑(いちばた)バスかタクシーで約25分
一畑電鉄 川跡駅経由で25分
出雲大社前駅から参道まで徒歩3分

※右の写真・・・石造りでは日本一の大鳥居。邑南町(旧高原村)出身で九州小倉の炭鉱王・小林徳一郎氏寄贈。
正面の額面は畳6畳敷もあるそう。この先が出雲大社です。

大鳥居
大黒様

出雲大社(正式にはいずもおおやしろ)は、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)をご祭神にお祭りする神社なんです。 大国主大神さまは、大黒様として皆さんご存知ですか? 大きな袋を肩にかけ〜♪の歌や因幡の白うさぎ、 国引き神話として登場するあの有名な神様です。

出雲大社のご本殿(かみさまのお住まい)は、日本最古の神社建築の様式で「大社(たいしゃ)造り」と呼ばれています。 日本最大の大きさ。近くでご覧くださいね。その姿は、本当に大きいのですから。
★なんと言っても注目すべきは、かつてご本殿の高さが、 東大寺の大仏殿や平安京の大極殿を超える48メートルにも達したことです。 「天下無双の大廈(たいか)」と称えられたそうです。

比較図

ちょうど境内に国旗掲揚塔があります。あのくらいの高さに御本殿があったようですよ。 なぜそんな高いところに神殿があったのか。それは、今でもなぞなんです。

国旗掲揚塔 イメージ図
 
御本殿の大屋根

今のご本殿は、江戸時代につくられたもので高さは半分の24メートル。 国宝に指定されています。ちなみにご本殿の大屋根に使われている桧皮(ひわだ)の厚さはなんと1メートルもあるのです。 どうぞご本殿の回廊を歩いて横から見てみてください。きっと驚かれることと思います。

まだまだ続きます。出雲大社のごあんない。
皆様に私おすすめの出雲の良いところを沢山ご紹介したいと思っております。
次号は境内の神様のお宿 大注連縄(おおしめなわ)などなど。
出雲の旅のご相談・ご宿泊のお客様以外の方からのお問い合わせも、お気軽にお寄せください。

電話 0853−86−2016 FAX 0853−86−3683
メール info@odaonsen.jp

にてお気軽にどうぞ。出雲大社に関係なく出雲の旅に関すること何でもお問い合わせください。
お問い合わせお待ちしておりまーす。

若旦那

若旦那プロフィール
昭和49年5月生まれ。大阪生まれの関東育ち龍谷大卒。
妻(若女将)と娘の三人家族
O型のマイペース?
趣味 旅行と温泉めぐり 音楽演奏・鑑賞